ぼくはクマ

サーカスの花形であるクマと少女の切ない初恋物語

9 222

9分 (4,916文字)

あらすじ

サーカスの花形であるクマのモリアは、些細な口論がきっかけで、同僚の虎とライオンを殺害してしまう。逃亡し、森で安住を得ようとしたモリアの前にあらわれたのは、天使の様なひとりの少女だった。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/11/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る