ドライブ

2/18
1895人が本棚に入れています
本棚に追加
/449ページ
この話はバイト先の人達と遊びに行った時に体験した話です。 ???「お~い。このゴミ、表に出しといてくれ!」 ??「わかりました。餃子もうでき上がるんでお願いしていいですか?」 ???「任せろ!!」 ??「ふぅ~。ゴミ重すぎ!!!」 俺の名前は緋那瀬 海斗。(ひなせ かいと) ドライブが好きな大学生。 ラーメン屋でバイトをしている二十歳の男だ。 そして、一緒に働いているのは店長の沢渡 浩介(さわたり こうすけ)君だ。 店長だけど年が2つしかかわらないから君付けで呼んでいる。 海斗「浩介君!ピークすぎたし、先にご飯食べていいですか?」 浩介「いいよ!俺も食べるから一緒に作っといて♪チャーシューメン葱多い目、チャーハン、餃子、唐揚げ、アジフライ、キャベツも多い目でよろしく♪♪」 海斗「食い過ぎでしょ・・・・・・・。当店は浩介君のみセルフサービスとなっております。自分で食う物は自分で作りやがれコノヤロー!!!でございます」 訳の分からない敬語を使い、自分の分だけ作る俺。 浩介「ひどいっ!!!」 浩介は拗ねるのスキルを使った・・・・・・。 浩介「そんなスキルねぇよ!」 海斗「心の声に返事しないで下さい…」
/449ページ

最初のコメントを投稿しよう!