女子会!

5/11
3710人が本棚に入れています
本棚に追加
/430ページ
綾/奈「美希、覚悟ぉぉーーっ!!」 美希「きゃあぁぁぁっ!?」 そして、この戦いは一時間にも及びましたとさ。(この戦いの内容は、とてもお見せできませんので、ご想像にお任せします) 美希「……もぅ、ぃゃぁ…」 そこには、あられもない姿の美希が。 なにをしたかって? 美希をあーして、こーして、こーなったの。 わたしたちは、先の敵意など忘れ、お互いを讃えあっていた。 奈々「…あそこでアレはグッドだったよ、綾姫」 綾姫「…奈々こそ。あそこでああしてくれなかったら、確実に逃げられてたよ」 美希「あ…あんたたちねぇ…。ていうか……な…なんであたしがこんな目に遇わなきゃいけないのよぉ…」 それはね、美希。 あなたがリア充だからだよ。 奈々「…さて、これからどうしようか?」 美希「……覚えてなさいよ…」 話を探す奈々の後ろから、なんだか危ない言葉が聞こえた気がしたけど、まあいっか。 綾姫「…とりあえず、座ろっか」 部屋にいて、立ち話はおかしいからね。 わたしは、2人に座るよう促した。 奈々「そやね」 美希「……こんなカッコじゃ座れない…」
/430ページ

最初のコメントを投稿しよう!