進むべき道

24/27
46225人が本棚に入れています
本棚に追加
/1359ページ
「先生っ!」 と、声をあげる美由。 いつからいたのか……涼子の側で彼女を睨むように笑う秀士。 涼子も顔を引きつらせて、ぎこちない笑顔を見せる。 「斎藤…先生じゃないですか。 しかし、その現れ方久々すぎて驚きましたよ…」 「知るか。お前らが気づかなかっただけだろ…。 それにここは俺の家だ」 その冷ややかな視線に、涼子はやっぱり笑顔で返すしかなくて。 「ったく……人がいねえとこで勝手に馴れ馴れしく呼んでんじゃねえよ。 美由ですら名前で呼ばねえのに…」 と、秀士の最後の一言に素早く食い付く涼子。 「まったまたーっ。 ふたりの時は名前で呼ばせてるんでしょ?」 先程とはガラリと態度を変え、楽しそうにする涼子に、秀士の反応はなく…。 「え…? まさか美由、ふたりの時も“先生”なの?」 秀士には期待できない涼子は、今度は美由に向けその疑問を投げ掛ける。
/1359ページ

最初のコメントを投稿しよう!