主様と名無し龍とドッペルゲンガー
全2/2エピソード・休載中
18/32

孤児院と銀狐

  世界、特に集団と言うのは無情である。 主様は以前こう仰った。   『私は集団に加われない。世界に対し、公平であろうとするなら、全てを客観的に見なくてはいけない。 それはつまり、どこの集団にも関与しない事』 海に沈む夕陽に向かい、愛おしむ様に語っていた。  
18/32

最初のコメントを投稿しよう!