Ⅱ 毒薬

2/19
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ
 あれは私がまだ小学校にも入らない頃。  私は、母の実家の近くにある海で溺れた。  溺れたのは、後にも先にも、あれ一回だけだ。  夕暮れの迫る海は危険だと知っていたのに、どうしても泳ぎたくて、こっそり一人で海に出た。  流れに足を取られて、気がついた時には波に浚われていた。  私は為す術も無く、ごぼごぼと渦巻く水の中で掻き回されていた。  苦しかった。  どちらが上で、どちらが下なのか。それさえ分からなくなり、意識が朦朧としてきた。その時。  白くて細い腕が、ぐいと私の手首を掴んだ。  そして一気に、海面へと引っ張りあげてくれたのだ。
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!