失ってはいけない物………

46/69
4276人が本棚に入れています
本棚に追加
/432ページ
刃 「大体!どうしてコイツ等が俺の家を知っている!?」 ※白亜と一葉の仕業。 冷迩 「い、色々悪いな刃」 刃 「悪いに決まってんだろ!俺は朝が嫌い何だ!…………」 冷迩 「あ、そうなのか?」 刃 「そうなのか?じゃねぇ!今回だけは協力してやるけどな!」 冷迩 「お前いい奴だな……」 六炉 「いい奴いい奴♪」 志乃 「いい奴でござる!」 朱衣 「優しい先輩です♪」 刃 「あ……俺そう言うのマジで照れちゃう人だから止めてくれ」 刃www可愛いなwww 刃 「風魅 冷迩………」 冷迩 「ん?」 刃 「さっきも言った通り、今回だけは協力してやる」 冷迩 「……………」 刃 「だが………借りは絶対に返せよ?」 冷迩 「あぁ………そうだな」 朧 「いつまでやっているんですか?」 俺達が会話を繰り返していると、痺れを切らした朧が嫌そうな顔をしてそう言って来た。
/432ページ

最初のコメントを投稿しよう!