第3章

20/37
723人が本棚に入れています
本棚に追加
/185ページ
「お父様」 ノックをして、父の部屋に入る。 「―雅。帰っていたのか」 久しぶりに家に戻って来た。 こんな話をしなければならないなんて。 「雅…母さんが心配していたぞ。どこに行っていたんだ」 「お父様。そんなことより今は聞きたいことがあります」 「何だ。母さんには謝ったのか」 「―亡くなった香川春菜さんについて詳しく話して」
/185ページ

最初のコメントを投稿しよう!