君との関係

2/5
341人が本棚に入れています
本棚に追加
/28ページ
朝日がカーテンの隙間からこぼれ 俺の頬に当たる それから避けるようにして布団を被れば隣で寝ていた彼が俺を抱きしめた 「……ん」 小さく喘ぐように出された声は確かに俺のものだろう 「おはよ、深紅。」 布団を剥ぎ取られ、目にかかる前髪を指で掬われれば朝日が直接目に入った 「お、はよ」 フワリと微笑めばキスをされた .
/28ページ

最初のコメントを投稿しよう!