canis lupas

ファンタジー短編。月夜と狼の話。

かなん

6分 (3,590文字)
『canis lupas』はキャニス・ルパスと読みます。

20 696

あらすじ

何故、こんな時間に人気のない森の中を歩く羽目になったのかというと 賭けをしたからだ。 僕は男として認められたかった。 僕を馬鹿にしきった眼で見る級友達を黙らせてやりたかったんだ。 ※表

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません