あとがき

2/2
254人が本棚に入れています
本棚に追加
/78ページ
このあとがきを書き加えるのは、多分この作品が完結してから二年くらい経ってんじゃないかな。 あとがきっていうのに、憧れを抱きつつも書く機会に恵まれなかったので、こうして書き加えているわけですが。 なんて。 そんなことはどうでもいいですよねーホント。 この作品を書き出したのも、そもそもは一瞬の思いつきだったんですよ。 なんか、正反対の二人を主役にいってみるか…みたいなノリ。 すると、なかなかに成功(僕にしてはですよ)してしまい。 完結した今では、いい作品だなーと自画自賛してみたり(笑)。 ページ数が少なかったり、文章力が乏しかったりとまだまだ未熟ですが、この作品は僕の中の代表作って感じになってます。 完結してからも、レビューや感想をもらって喜んだり…。 もっと貰えれば嬉しいんだけどね。 一言でもいいから欲しいっていうのは、多分わがままなんだろう。 いやさ、とにかく何が言いたいかと言うと。 読んで下さった方々にとって、この作品はどうだったのかなって。 話は変わりますけど、実は続きの話を考えたこともあったんです(笑) まあ、読者も待ってはいないかと執筆は諦めましたが。 一応、話的には文化祭を舞台にして、春菜と翔太の関係の変化を語るものでした。 いやいいじゃないですか。それはそれで。 だらだらと書いてますが、これを書きたかっただけなんです。 僕が『あとがき』に憧れていただけなんです。 こんな未熟な作品でしたが、最後まで読んでくれたのかな? ともあれ、ありがとうございます!
/78ページ

最初のコメントを投稿しよう!