第一章 月夜の鬼

1/20
2453人が本棚に入れています
本棚に追加
/929ページ

第一章 月夜の鬼

生温かいアスファルトの上を少し早足で家へと向かって歩く。 友達と学校の帰りに寄り道をしていたせいで、辺りはどっぷりと日が暮れていた。 腕時計を確認すると、すでに時刻は八時四十八分を過ぎようとしている。 ……うわ~、遅くなっちゃった。 ……お父さん、絶対に怒ってるよ。 色々と口煩い父は今頃玄関で、顔を真っ赤にして私の帰りを待っているに違いない。 帰宅後の父の怒声が早くも頭に響き、大きくため息を吐いた。
/929ページ

最初のコメントを投稿しよう!