信夫(しのぶ)&深雪(みゆき)

1/1
116人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ

信夫(しのぶ)&深雪(みゆき)

信夫と深雪は、廃屋スポットで他のカップル達を待っていた。 信夫が言う。 「今日は、どんな奴らがここに来るんだろーな。」 深雪が答えた。 「さあ?知らない。けどさ、単なる興味本位で来る奴ら見てると、私ちょっと悪戯したくなっちゃうんだよね~♪」 深雪に結構強い霊感が備わっている事を知っている信夫が、呆れ顔で言った。 「お前、毎回それだな。ほどほどにしとけよ?」 二人がそんな話をしていると、一台のジープが、車一つないだだっ広い駐車場に、ガタガタと音を立てながらやってきた。 一組のカップルが、車から降りてくる。
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!