2

33/46
478人が本棚に入れています
本棚に追加
/260ページ
それはまさに、“壁”だった。 壁に指先がめり込んだように、彼の頬に指先がめり込んでいったの。 その瞬間は信じられない光景に思えた。 褐色の彼の頬に、指先が、手のひら全体が、なんの抵抗も受けることなくどんどん埋没していくんだもん。 あり得ないじゃん。 物理的に考えてさ。 でもね。 ワタシさっき、「瞬間」って言ったでしょ?
/260ページ

最初のコメントを投稿しよう!