意識と真実

4/20
490人が本棚に入れています
本棚に追加
/311ページ
すると香奈子が 「おーいそこの2人。練習始めるぞー!」 「わかったー。龍!ともかくこれは願ってもない"彼女"に出来るチャンスかもしれんぞ」 肩を叩いてみんなの所へ向かった。 この1言だった 完全に恋へと意識させる瞬間だった。 18年間。彼女なんて出来た事がなければ好きな人さえ出来た事が無い 今までに「いいなぁ」って子は居たけど、それと「好き」とはまた違う…気がする。むしろ運動好きな俺は陸上が彼女と言ってた位 そんな俺が初めて異性を意識する即(すなわ)ち、『初恋』の瞬間だった
/311ページ

最初のコメントを投稿しよう!