11.

14/18
2212人が本棚に入れています
本棚に追加
/256ページ
「や、駿君…」 今までにない荒々しさで、駿君は私のTシャツを捲り上げ私の晒し出された胸に唇を沿わせた。 その次の瞬間には、下着と共にジーパンを脱がされていた。 本能的に閉じた太股を割って駿君の指先が私の中に侵入してくる。 「何でもう濡れているの?」 美佳子さん、イヤラシイね。 重なる駿君の唇がそう言った。 駿君が片手で自分のジーパンも素早く脱ぐと、私の腰に自分の腰を密着させる。 「ナカに入れて欲しい?」 私が何か言おうと口を開いた瞬間に駿君が腰をスライドさせてスルリと中に侵入していた。 「すごいね、簡単に入ったよ。」 卑猥な言葉を掛け続ける駿君は私の中に入っても動こうとしない。 「あ、催促するみたいに中が締まった。」 クスクス笑う駿君は悪魔だ。
/256ページ

最初のコメントを投稿しよう!