鈍感

13/19
13241人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ
「店長、好きな人いるじゃないですか……」 少し震える声を必死で絞り出した。 「うん、君だよ。毎日のようにガラス越しに店の中を眺めていた頃からね」 「嘘……」 知らなかった。 こんなに近くにいて、近くにい過ぎて……。 動揺する私の頭をぽんぽんと触れてから、 「今夜空けておいて……。ちゃんと話したい」 そう言ってフロアに戻っていった。 一向に治まらない心臓の音を体中に感じながら、暫く動けそうになくて。 新作の箱を開けるふりをしてしばらくその場に佇んでいた。 .
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!