二、偶然の再会と欲望

24/35
3166人が本棚に入れています
本棚に追加
/517ページ
「さっきの彼女は…上司の娘ってとこかしら?」 「よくわかったな」 「クスクス。やっぱり。何となくだけど、そんな感じがした。上司はあなたと娘さんとを一緒にさせたいのね」 「みたいだな。前に断ったんだけどな。まだ納得してないみたいだな」 「あなたも大変なのね」 まあ…彼女の気持ちはわからなくもないわ。この男には何かわからないけど魅力を感じるもの。 そうこうしている内に五階につき一番奥の部屋へ歩くと鍵を開けて中へと入った。
/517ページ

最初のコメントを投稿しよう!