花魁道中

一年。儚くも鮮烈な花魁の戀。

414 47

概要・あらすじ

作者: 鈴掻
19分 (11,383文字)
時は江戸時代、春の吉原。赤松屋の花魁(おいらん)『佳乃』はある騒動から呉服問屋の若旦那『祥蔵』と出会う。 花魁である自分に違和感を感じる佳乃、そして大店の若旦那として生きることに抵抗を覚える祥蔵。 互

タグ

目次 3エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2007/3/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る