蒼の指輪

1/18
4434人が本棚に入れています
本棚に追加
/2037ページ

蒼の指輪

ここは人間が暮らす世界。 その中でも日本と呼ばれている国の上空に、世界を旅して回る二体のドラゴンがいた。 「なあ、さっさと次の観光場所行こうぜ!もう夕方だぞ」 「まあ待て、人間界もじっくり見れば独特の良さと言うものがだな……」 一方のドラゴンは人間界に興味があるらしい。ライトブルーの体表に金色の頭髪。貴族服のような物を着込み、純白で二対四枚の翼の持ち主だ。 「お前は相変わらず真面目だ……なっ!」 もう一方のドラゴンは勢いよく青いドラゴンをひっぱたく。そしてその拍子に胸ポケットから指輪が一つ溢れ落ちた。 そして全てはここから始まったのだった。
/2037ページ

最初のコメントを投稿しよう!