前回までのあらすじ
全1/36エピソード・完結
1/697

前回までのあらすじ

   動物と人間を掛け合わせて生まれる獣人。 獣人は人間の奴隷、若しくは臓器提供として道具扱いされてた。 日米国不死鳥の獣人育成施設で育ったアーサー、ナタリー、サラ、ロジャー、マルス、ルーイ。 月に一度の臓器提供を運良くパスしてたが、最高学年に成る時にサラは臓器提供に連れて行かれる。 施設の卒業日。 親友達がバラバラに引き取られてく中、アーサーは運命の出逢い果たした。 獣人を人として接する事が出来る人間の少女。 少女の名はエルダ・ペン。 俳優として名高い名家の当主。 友人を作りたいとアーサーを引き取るのだった。 アーサーはアーサー・ペンの名を貰い、エルダの執事兼マネージャーに成る。 バラバラだった親友達と再会し、家族としてペン家で暮らした。 様々な出逢いを経て、親友や家族が増えて行く。 多くの獣人と星を救いたい。 そう願うエルダは、貿易関係の仕事をしたいと言うアーサーの願いに自分の願いを重ね合わせ、貿易会社竜宮城カンパニーを設立するのだった。 ペン家が所有する世界七ヶ所の土地に七つの支社を作り、人知れず多くの獣人を救い、星の修復を試みる竜宮城。 青年へと成長し、竜宮城社長とエルダのマネージャーの二重生活を正に獅子奮迅と熟なすアーサー。 そして家族と親友達。 そんな最中、アーサー達の後を付け狙うかの様に、黒い影が忍び寄るのだった…。    獣王 改め、レオン。 ナンバレスを束ねし獣人の王。 闇より現れし黒獅子。 それはベロニカの予言か。 将(はた)は宿命か。 彼はアーサーと対峙する。  アーサー アーサー・ペン・ドラゴン。 伝説の円卓の騎士王、アーサー・ペンドラゴンの名を持つ白獅子。 それは予期せぬ偶然か。 将は必然か。 彼はレオンと対峙する。  黒獅子と白獅子 互いに相容れぬ色を持つ王。 闇が光を飲み込むのか。 光が闇を掻き消すのか。 彼等は運命と対峙する。  image=406385999.jpg
1/697

最初のコメントを投稿しよう!