あんたは俺の、

1/24
11781人が本棚に入れています
本棚に追加
/224

あんたは俺の、

 学園の平穏が、崩れた。  言わずもがな、王道転入生である佐久間涙が原因だ。  王道襲来からまだ一週間。  その短期間で王道の計り知れない力を、まざまざと見せ付けられた。  予想通り全校生徒の目が王道へと注がれたまでは良かったが、まさかここまで学園内が荒れるとは。  認めよう。甘くみていた。  わんこ(と俺)を除く生徒会メンバーを始め、同室一匹狼やホスト教師その他諸々を虜にするウイルス感染力の凄まじさ。  終いには双子がヤツに生徒会室の入室許可を勝手に出した上、役員共はサボるわ構うわ学園に居ないわで仕事量が今までの比じゃない。  王道と鉢合わせるのがいやで、ここ一週間は生徒会室にもほとんど立ち寄ってない。  他のメンバーの尻拭いに追われる現状に、そろそろ我慢も限界だ。  さらには親衛隊は暴走、その現状を利用した愉快犯の問題行動、王道を巡っての衝突エトセトラ。まさに台風の目。  非常識学園に訪れた混乱に翻弄された一週間でした。 「終わらない。死ぬ。このままでは死んでしまう」 「ここ、教室だから、抑えて抑えて」  ただいま自習中。  さすがエリート校の最上位、Sクラス。比較的真面目に学習に取り組む生徒が多い。  時に俺の席まで勉強の質問をしに訪れる様子は、若干の下心が見え隠れしていても関心出来る。  一方の俺は昼休みと放課後だけじゃ間に合わないからと自習時間にもノートパソコンを持ち込み仕事。  前の席に移動して座るリウには何かと文句を言われながらも手伝ってもらえるよう交渉成功。まあ、まわりに生徒がいても処理できるような機密性の低い仕事内容なので、自ずと簡単な雑務に限られるが。  ちなみに本来そこの席だった生徒はリウが座ったことで顔を緩めているがスルースルー。  溜め込んだ不平不満のせいで増える誤字に苛立っていると、リウからぺらりとルーズリーフが寄越された。女の子みたいな丸文字でさらに俺のイライラを煽ってくる。 『ばっかだねえ、リオ。中途半端な責任感なんてものがあるからこそ、こんなの始末しなきゃいけなくなるんだよ?』 『貶されてる気しかしない』 『この書類破るよ』 『マジ感謝してまっすー』 『心が籠もってないね。もういっそ諦めて王道の取り巻きに加わっちゃいなよ』  何を申すか。王道を毛嫌いしているタツキ一人に仕事を任せて、王道を口説きに行けというのか。断固として断る。  ちょっと疲れた。休憩。  打ち込んだデータを一旦保存し、ボールペンに持ち変える。 『王道の何がいいんだ。煩わしくてうるせえだけじゃん。どこがそんなに見てて面白いわけ? 腐男子さんよぉ』 『あえて言うなら、いつも自信過剰で私利私欲に溢れた傲慢な生徒会集団が、たかが一人の人間を盲信し心酔し結局は一人とくっつくのを仲違いもせず受け入れる薄っぺらい茶番劇、とか?』  聞かなきゃよかった。  
/224

最初のコメントを投稿しよう!