告白~お互いの気持ち~

26/41
43650人が本棚に入れています
本棚に追加
/1214ページ
亮治は、困ったような顔をして私を見ていた。 私は、言うつもりのなかった、ただ亮治を責めるだけの言葉を頭に浮かべた。 そして、躊躇うことなく、口にしていた。 「責任・・・」 私の言葉に、亮治は驚いて、 「え?」 と、声をあげた。 「責任、とってよ。」
/1214ページ

最初のコメントを投稿しよう!