風呂清掃

12/29
29361人が本棚に入れています
本棚に追加
/1188ページ
ひとりで風呂に残された俺は、言われたとおり壁や床の濡れた部分を拭く。 教わった風呂清掃の手順を思い浮かべるも、半分くらいはすでに飛んでいる。 思い出すことを諦め、ガムテープで毛を探し始めた。 全体的に白が基調なので、よく見つかる。 毛だけではなく、タオルの糸や、小さなゴミまで目につきだすと、どこまで綺麗にすればいいのか分からなかった。 そんな感じで5分くらい経つと、森さんが戻ってきて、床を見つめる。 「うん、上等、上等。ほな、外出て」 「はい」 俺は濡れた足を軽く拭いて、浴室から出た。
/1188ページ

最初のコメントを投稿しよう!