プロローグ

3/3
277人が本棚に入れています
本棚に追加
/87ページ
誤解を招かないうちに先に言っておくけど、別に不細工なわけじゃないのよ? むしろパーティーでは、お姉さまを差し置いて、人気者だったんだから! ちょっと魔術の才能が人間離れしてたってだけ。 王国の宮廷魔術師だって、私には敵わないんだもの。 ただ…… その強すぎた魔力と才能のせいか、たまに未来が見えてしまう。 自分の未来に限らず、周りの人間の未来も見た。 自分でコントロールなんてできない。 最初は私も面白がっていたわよ。 でも、だんだんそうじゃなくなってきた。 見えてしまったとおりに事が運んで、嬉しいことも楽しいことも、つまらなくなってきた。 そして、未来が見えることを知った周りの人たちは、私を恐れていった。 だって、そうでしょ? 誰だって自分の隠したいことの1つや2つあるというのに、私のこの力は間接的にそれを知ってしまう。 だから、私に深く関わろうとする人なんていなかった。 私も、その方がみんなのためだと…… そう思っていた。 それなのに――――。 .
/87ページ

最初のコメントを投稿しよう!