9/18
3616人が本棚に入れています
本棚に追加
/372ページ
倉庫の2階に上がって、扉を蓮が開けた。 スタスタと入って行く魁の腕の中で部屋の中を見渡した。 …スゴイ。倉庫とは思えないぐらいの部屋…。 白の二人掛けのソファーが一つに真ん中に大きいテーブル。 回りには三人掛けの黒いソファー。 奥にはダーツやテレビがある。 …なんて考えてる間に、いつのまにか魁に抱えられたまま白いソファーに座っていた。 「綾ちゃん。消毒するね?」 蓮に言われて、消毒されていた。 『~~っっ。』 結構酷かったらしく、痛さがハンパない。 魁にギュッと抱き着いて、痛みを我慢していると、魁が頭を撫でてくれていた。 魁に撫でられて、ドキドキして痛みを忘れていた。 「はい。綾ちゃん?終わったよ。」 『蓮。ありがとう』 ちゃんと蓮にもお礼を言った。 『『魁。蓮。ありがとな』』 瑠榎にぃと瑠依にぃも二人にお礼を言っていた。 「いや。んじゃ本題を話していい?」 蓮の言葉に皆座り直した。
/372ページ

最初のコメントを投稿しよう!