馨る水の王国

ヨンジュは走った。父を殺され、城を追われ――無力な自分から必死に逃げた。

日向あおい

2時間58分 (106,525文字)

447 173

あらすじ

☆あらすじ☆  王女ヨンジュには、手に入らぬ物は何もない。  星屑のように煌めく宝飾品で着飾り、父王からは目にいれても痛くないほど溺愛されて育った。  誰もが王女を羨む存在である――はずだった。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る