深窓の魔法使い

魔法使い。それは物語でのみ存在できる儚い存在だった。

0 0

ファンタジー 休載中
1分 (565文字)

あらすじ

春。 桜が咲き子どもたちは学校へ通い。大人たちは働くのが当たり前となった時代。 世の中の物事全てが科学で説明できる、そう誰しも考え始めていた。 そして一人の少年がその世の中の輪の中の一員となろうとし

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2011/3/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る