焔硝の跡に残る業

例え健気な想いであろうと悪意が飲み込む。「みえない」サスペンス。

2,856 4,534

5時間32分 (198,667文字)

あらすじ

天才科学者であり連続殺人鬼でもある三島明人が死んだ。 死に際に彼が残した言葉「ヒドゥンサバイバル」 それは架空の殺人道具を題材にした、三島自身の著書の題名だった。 「みえない」悪意が純粋な少女の心を

シリーズタグ

感想・レビュー 3

魂と命の狭間 読みたいのに非公開… 何で非公開なんですか?

※このコメントはネタバレを含みます

私は、貧乏人ですがこの作品すきですよ!貧乏だから、自分をひたすら悲劇のヒロインにしたてあげるあたりや、大富豪なのに一番大切なものが手に入らない。 小説として、すごく引き込まれる作品です! 頑張って下さ

その他情報

公開日 2011/4/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る