ダグラス・マッカーサー

2/2
97人が本棚に入れています
本棚に追加
/53ページ
日本の潜在労働者は、量においても質においても、私がこれまで知っている中の最も立派なものの一つである。 しかし、彼らは労働力はあっても生産の基礎素材を持たない。 日本には蚕のほかに取りたてていうべきものは何もないのだ。 日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。 それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった。 (1951年5月3日米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会における発言)
/53ページ

最初のコメントを投稿しよう!