前期中間テスト【窃盗編】

87/98
502人が本棚に入れています
本棚に追加
/274ページ
「ちなみに、彼はなんと?」 「私を巻き込まないように黙ってたって言ってたけど……」 首をかしげながら、早紀は答えた。 清水は、「そうですか……」と呟き、顎に手をあてがう。 「……ひょっとして、違うの?」 その清水の表情をみて、早紀はおそるおそる尋ねる。 「……」 清水は答えない。 また少しの沈黙を挟み、清水が口を開いた。 「違いませんよ。早紀さんを巻き込まないようにというのは、ぼくの提案ですから」 早紀は、ほっとしたような表情になる。 清水は、「でも」と続ける。 「それは早紀さんのためではありません」 「え?」 文字どおり目を丸くする早紀に構わず、清水は続ける。 「ぼくはこの前、晃くんにこういいました。『ぼくには、将来を有望視される若者の未来を奪う趣味はない』と」 真面目な表情で、清水はさらに続ける。 「その言葉に嘘はありません。でもそれは、早紀さんをいわゆる仲間外れにしたことの、直接的な理由ではありません」 「じゃあ、本当の理由っていうのは?」 真剣な顔で問う早紀。 「……」 それに対し清水は、なにも言わない。 言うことを躊躇っているというよりは、どう話せばいいか迷っているといった感じだ。
/274ページ

最初のコメントを投稿しよう!