恭一。

1/10
21331人が本棚に入れています
本棚に追加
/2119ページ

恭一。

思えばつまらない人生だった。小学生から始まったいじめは中学、高校と続いた。 いじめられていることを親に隠すため学校へは毎日通った。素直に打ち明ければよかったのかもしれない。しかし打ち明けられなかった。 学校というものは、誰かがいじめの犠牲になるところなのだと高校を卒業すると進学を諦めた。就職すればいじめもなくなるだろうと思ったが甘かった。 人間が集まればそこにはいじめが存在するのだ。
/2119ページ

最初のコメントを投稿しよう!