うらみます。《切っ掛け編》

1/6
21329人が本棚に入れています
本棚に追加
/2119ページ

うらみます。《切っ掛け編》

今回(切っ掛け編)にはオチがありません。《事件編》に続きます。 ※《事件編》の更新は1月19日を予定しています。 「はぁ…」と槇村翔子は溜息を吐いた。 年が明けて溜息の数が増えているように思う。 遡(サカノボ )れば去年の話になる。プロ野球選手の彼氏、新城達也から『次の試合で勝ったら話がある』といわれていたのだが、その言葉を発してから一度も勝てないままシーズンを終了してしまったのだ。 高校生のときから付き合い始めて11年、達也がプロ野球選手だからという訳ではないが、芸能人や女子アナウンサーとの熱愛が週刊誌で噂になった事もあった。 何度か2人の関係が壊れそうになった。 それでも修復して積み上げてきた紆余曲折のある11年だった。
/2119ページ

最初のコメントを投稿しよう!