しあわせ

3/6
54人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
───────……… 眩しく輝く月明かり。 幸「政宗殿……」 政「…ん?…何だ幸村。」 奥州の政宗の居城。 幸村は政宗に逢いに来ていた。 幸「今日は…ここに泊まっても良いでござろうか?」 突然の申し出。 政「別に良いが…武田のオッサンにはちゃんと言っとけよ」 幸「それならもう佐助に行かせたでござる!!」 政「……そうか(猿も大変だな……にしても、寝る場所無くね……?)」 幸「政宗殿!!」 政「Ah?何だ」 幸「今宵は政宗殿と共に寝させて下され」 政「な、何言って……!?」 幸村の言葉に顔がだんだんと熱くなる。 幸「駄目でござるか?」 政「べっ別に、イヤじゃねぇけどよ……」 忠犬の様な目で見られては断れない。 幸「誠でござるか!?」 パアァァァ と、効果音が出そうなぐらいに顏を輝かせる幸村。 政「…(dogだ……ここにdogが居る…)」 .
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!