アタルとマリア

2/8
28388人が本棚に入れています
本棚に追加
/194ページ
俺の名前はアタル。25歳童貞ニート。 知ってる?童貞のまま30歳になったら魔法使いになるんだぜ? 現実の女になんて俺は興味ない。 俺の興味は2次元だけだ。 現実の女はテラウザス。 今日もパソコンで、MADの制作に取り組んでいたら突然ドアが開いた。 「アタル!あんたたまには外出なさいよ!」 母親じゃない。幼馴染みのマリアだ。 22歳歯科助手で、一般的には可愛いし巨乳でモテる女だが、俺にとってはうるさい幼馴染み。 ちなみに俺の家の事情で、マリアは時々俺の家に飯を作りに来てくれている。 まあ血の繋がらない姉貴みたいなものだ。 「ノックくらいするアマス!」 俺が何回そう言っても、マリアはノックしない。 それどころかズカズカと俺の部屋に入ってきて、パソコンを覗きこんできた。 「あー!またエッチなサイト見てるんでしょー?」 「な!ち ちげえよ!」 「あやしー そんなんだから彼女いない歴25年なんだよ」 「お 俺の良さに気付く女がいないだけだ!」 「あたしは知ってるのに」 「ん?なんか言ったか?」 「ううん なんでもない」  
/194ページ

最初のコメントを投稿しよう!