デウスと踊れ

「ただ、その愛は、吐き気を催すほどのエゴだった」

はつ♂

ファンタジー 休載中
16分 (9,232文字)

27 4

あらすじ

   ――そして、孤独に――  人はそれを〝神の悪戯〟と呼ぶ。  運命なんて、宿命なんて、それは神様が歪な賽子を振った結果の欠片でしかなくて、その神様は退屈凌ぎに結果すら弄ってしまう

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品