孤独な夜
1/2
118/299

孤独な夜

くまちゃんに話しかけながら私は泣いてた 眠れないあなたの代わりとあなたがくれたくまちゃん あなたの香りが私に涙を流させる、あなたの甘いフェロモンがこのくまちゃんに移っているから 私はあなたの代わりに 抱きしめた。 いつもならこの香りに 癒やされ眠れる。 でも不安と悲しみと寂しさが入り混じり私は 孤独感に支配されて 静かに孤独を受け入れていた。
118/299

最初のコメントを投稿しよう!