鈍色ノ雫

平穏な日々に常に付きまとう死の影―あの時、あの場所に確かに彼らと私は存在した。

ゆつる

歴史・時代 休載中
1時間54分 (67,919文字)

297 181

あらすじ

平和な時代で育った今時の高校生、楠木 柚菜【クスノキ ユウナ】。 大好きな新選組が活躍する幕末にタイムスリップしたい、と願い早数年。 勿論、タイムスリップなんて非現実的な出来事が起きる訳もなく

感想・レビュー 1

凄く面白かったですぅ(≧∇≦) 続きを読むがとても気になりますぅ(´。> ? <。`)

この作者の作品