始まりを告げる対話

2/2
6847人が本棚に入れています
本棚に追加
/79ページ
「あれあれ、おっかしいなー……」 「可哀想に……、あの子はとても無力よ?」 「……ああ、前にあげた魔力の残りに反応しちゃったのか」 「何一人で納得してるのよ! あの子はどうするの!?」 「仕方ないよ。彼には悪いけれど、これも運命だ」 「運命ってあなたねえ……。……いいわ、私がなんとかするから」 「お? おお? どうしたんだい? たかが人間一人ごときに肩入れするなんて、初めてのことじゃあないか」 「一言で言えば、……そうね、気に入ったのよ」 「気に入った? キミが? へえ……」 「なによ、そんなに意外?」 「ああ、とても。じゃ、あの子はキミに任せたよ」 「ええ。それじゃ、もう会わないことを祈るわ」 「此方こそね」 「やっぱりあの子は主人公で、あの子は脇役なんだねえ。ま、これも運命かな」
/79ページ

最初のコメントを投稿しよう!