ついて早々ハーレムルート決定!?

2/8
1439人が本棚に入れています
本棚に追加
/267ページ
次に俺が目を覚ましたのは森だった。なんてベタなんだろう・・・ 「まぁいっか」 俺は声を出した。うん。普通に喋れるね。 というか、こっからは全部男口調にしよう。そうしよう。 とりあえず服を着よう。流石に裸のままじゃやばいからな。多分、創造の力で造れるし・・・うん、何にしようか・・・やっぱり、アニメにしよう。 だとしたら、男物の服だよな。一応、男になれたし。 誰のがいいかな?よし、これにしよう。 「創造。<ブリタニア皇帝の服>!!」 言葉にするのと同時に、目の前に服が現れる。想像したとおりの物だ。 神ちゃんには感謝しよう。 「んー。顔が見たいなぁ。だとしたら、鏡かぁ。創造。<鏡>」 俺の前に鏡が現れる。俺の顔はかなりイケメン。だと思う。 多分だよ?多分だからね? 「これからどうしようかなぁ」 『町に行く途中で、女の子に会うと思います』 ん??ミシェルの声?何処から?? 『念話です。桜さん』 念話?あ、あれか。 脳内会話ね。魔法使った。 『俺なりの心遣い、感謝しろよ?』 だが断わる。 「で?何のよう?」 『うん。あのね。その世界の魔族と人間を仲良くさせて欲しいんだよね。戦争始めそうだから』 「え?やだ」 『そこを何とか!後で何でもしてあげるからさ!!」 マジですかww逃げないよね?神様だもんね?約束は守るよねww? 「わかった。その願い頼まれてやろう」 『ホント!?ありがと!』 お礼は神ちゃんの体を貰うよ。 『嫌な気配が』 気のせい気のせいww 『あ、それとですね』
/267ページ

最初のコメントを投稿しよう!