作業服のあなた

8/19
723人が本棚に入れています
本棚に追加
/168ページ
あの日から、事務所を出る度にちょくちょく櫻井さんの姿を見掛けるようになった。 多分、今までに何度も見てたんだろうけど、全然意識してなくて気が付かなかったんだと思う。 そんなある日。 鍛造工場の詰所で棚から書類を取り出していると、開いた出入口の外に櫻井さんの姿が見えた。 何かの機械の前にしゃがみ込み、縦向きの丸い蓋を開けたり閉めたりしている。 私は興味をそそられて、帰りがてら櫻井さんに話し掛けた。 「最近よく見掛けるなぁ。また修理?」 真面目な顔で機械を覗き込んでいた彼女は、ちらっと私を見たあと、すぐに機械に視線を戻した。
/168ページ

最初のコメントを投稿しよう!