胃袋を満たす

13/13
197人が本棚に入れています
本棚に追加
/125ページ
宮下さんの家の前に車をつける。 「ほぃ、到着~」 宮下さんが車を降りる気配がない。 「あの、やっぱり違う気がします」 はぃ? 「仲良くなりたい人と御飯を食べても 心は満たされないですよ」 「うん、まぁ私が感じただけのことだから気にしないで。普通はそうだよね」 「いえ、ちがくって!!」 宮下さんてこういう不毛な論争が好きなんかな。 彼女をみると、興奮しているのか頬が紅潮している。 かわいいなぁ。 「だっておかしくないですか?例えば片思いの相手と一緒に御飯食べても、全然満たされないですよ?」 黒板を爪で引っ掻いたあのかんじ。 不快感。 あ~…。 そういう状況があったのね。 そりゃぁ興奮するわ。 ギギギ…。 私のからだの一部がうまく働いていないようだ。 例えを使っているのに語尾は断定。 クローゼットに私の不協和音をすべて押し込む。 片思いしてるひとがいるんだね。
/125ページ

最初のコメントを投稿しよう!