究極の愛

5/6
51人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ
「どうして幸せなの?」 まゆちゃんはたずねました。 『なぜかと言うと、ぼくはかあさんの愛情をとても感じることが出来たからなんです。 かあさんは、死んでしまったぼくを必死で探してくれました。そして、ぼくをかあさんの側に置いてくれました』 のんちゃんとまゆちゃんは確かにそうだと思いました。ミュウが必死になって死んだわが子を探していたからです。 『だから、ぼくは短い命だったけど、不幸だとは思わないんです』 のんちゃんとまゆちゃんは声のする方を見ていましたが、突然 「ワッ~」 と叫びました。空に浮かぶ雲が子猫の姿になったいたのです。そして、その雲の猫がニッコリ笑いました。 「雲の猫さんが笑ったよ」 まゆちゃんがにっこり笑って、バンザイしました。\(^o^)/ 『ぼくからのんちゃんとまゆちゃんにお願いがあります』 「お願いって何ですか?」 のんちゃんがたずねました。 『ぼくのかあさんと弟をよろしくお願いします』 雲の猫が言いました。 「分かったわ」 「うん、これからもずっとずう~っと仲良くしていくよ」
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!