剥がれ落ちる景色。

2/62
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/103ページ
美由紀は満に視線を移して、静かに、 「--神の命令でもなければ、この炎は鎮火しないでしょうね」 そう言った。 まるで自虐を吐いた様な忌ま忌ましそうな表情が、未だ零の頭から離れなかった。 学校をサボって(満を見に行って)土日をプラスした三連休のど真ん中。 土曜日。 バイトもしていない零は自室のベッドの上にグダリと寝転がり、暇を持て余していた。 天井を見上げ、ただボーッとする。 家電がクーラーしかないこの部屋ではやる事がなかったのだ。 かといって、外に出るのも、ましてや部屋から出る事さえ気が退けていた。 周りは人間にして人間にあらずなミュータントだらけで、自分一人がただの人間なんだという事実を知った以上、ソレはどうしようもなかった。 クーラーの冷風が心地好く、わざわざ蒸し暑い廊下へと出る理由もイマイチ見付からず、ただ引きこもって無駄に時間を過ごしていたのだった。 そんな零を見透かしたかの如く、ピリリリリリ!! と枕元に置いてあった携帯電話がメールを知らせる短い電子音を鳴らした。 「ん」 手を伸ばして、携帯電話を引き寄せる。
/103ページ

最初のコメントを投稿しよう!