五章

38/57
1835人が本棚に入れています
本棚に追加
/592ページ
気付くと病院に来ていた。 櫂翔に抱き抱えられたまま病院に入り、櫂翔とお医者さんが話していた。 「久しぶりだな櫂翔。」 「はい弘人さん。とりあえずこいつ見て貰ってもいいですか?」 「あぁ。こっちこい。」 そう言い歩きだした人に櫂翔は着いていった。 「そこのベッドに下ろせ。」 診察室に入りそう言われ、櫂翔にベッドに降ろされたが、無意識の内にギュッと櫂翔に抱きついていた。 「李遠…大丈夫だ。足の傷を見て貰うだけだ。」 優しくそう言う櫂翔に、渋々手を離した。 「よし見るか。」 そう言い、傷を見るために足に触れた人の手に、身体が震えてきた。 必死に“大丈夫” と自分に言い聞かせても、さっきの出来事のせいで、震えは止まらず、頭が真っ白になり、櫂翔を求めた。 「…か…いと……」 いつの間にか止まっていた涙も流れ初めていた。 すぐに櫂翔が抱き締めてくれて、私に言い聞かせていた。 「李遠…側にいるから大丈夫だ。すぐに終わるから…」 櫂翔が言うと、お医者さんは平然と櫂翔に言った。 「あ~。櫂翔そのまま抱いててやれ。李遠ちゃん?触っても大丈夫かな?」 櫂翔が抱き締めてくれてるなら…と思い頷いた。 私が頷いたのを見て、素早く治療してくれ、すぐに終わった。 「よし。李遠ちゃん良く我慢したね?終わったよ。櫂翔、傷はそんなに深くないが、熱出るかもしれないから薬出しとくな。」 「はい。ありがとうございました。」 そう話していると、ドアが勢い良く開き熾遠が入ってきた。 「李遠!!」 「うるせぇぞ熾遠!!」 「弘人さん!李遠は大丈夫なんですか!?」 「落ち着け。傷も深くないから大丈夫だ。」 「良かった。李遠…痛むか?」 心配そうな顔をして、櫂翔に抱きついていた私を見てきた。 「…大丈夫…ゴメンね…熾遠…」 「お前が無事ならいい。」 そう言い頭を撫でてくれた。
/592ページ

最初のコメントを投稿しよう!