1 再会

1/30
7856人が本棚に入れています
本棚に追加
/827ページ

1 再会

   昔からそうだった。  男と女の何たるかを知らない頃からまとわり付くのは、嫌悪を感じずにはいられないほどの、人間の視線。  学校の帰り途中、道を訊ねてきた男がそのまま抱きついてきたり、人の多いところを歩けば誰のものともつかない手に触れられたり。  それがいやでたまらなくて、できるだけ男の気を引かないよう、身をまとう衣類も地味なものにしてきた。  けれどどんなに肌を隠しても、どんなに気配を殺しても、人間たちの視線は数いる女の中からぴたりとあたしを見つけ、止まるのだ。  身を守ることに集中しながらも、平凡に生きていたつもりだった。 .
/827ページ

最初のコメントを投稿しよう!