破滅に臨む者

1/85
7769人が本棚に入れています
本棚に追加
/827ページ

破滅に臨む者

   ザー……。  深夜放送も終了した大きな液晶画面には、ノイズが映されている。テレビと観葉植物だけの、寒々としたフローリングの暗い部屋の真ん中に、女はいた。  薄いブランケットを肩にかけ、クッションを抱きしめたまま、女は呆然とノイズを眺めている。フローリングを踏み締める音がして、女の背後に男が立った。 「麻由。もう放送終わったよ……」  穏やかで優しい男の声には、わずかな疲れ。麻由はそれを感じ取ると、ブランケットを頭まで被った。 「隆……寒いよ」  ──カミサマナンテ イナイ── 「……抱いてよ……」  クッションに顔を埋め、麻由は暗闇を見つめた。 「麻由……もう、眠ろう」  ──マタアナタハ、ソウヤッテアタシカラ逃ゲル── .
/827ページ

最初のコメントを投稿しよう!