クルミと砂糖と干し葡萄

5/43
762人が本棚に入れています
本棚に追加
/334ページ
「でも、お兄ちゃんと行きたい」 「………海、なぁ…」 お兄ちゃんは、この辺りの海は、深雪んちの方より汚ねぇからなあ、なんて。 長く伸びた金髪を、掻き上げる。 「汚くてもいい」 難色を示されると、是が非でも行きたくなって。 “雅”に聞こえていないはずなど無いのに、2人で、と。 強調した。 「………わかった。海、な」 お兄ちゃんは、何か言いたそうに唇を開けたけれど、小さく息をついて、笑みを浮かべた。 心の奥では、“雅”をどうするのか、気になって仕方ない。 本当は、この使用人さながらの従順さに、哀れな気持ちすら持っている。 私と同じ歳の女の子が、こんな扱いで良い訳ない、とは思う。 だけど。 だけど。 当の本人に、それを打破する気がないならば、気を揉んだところで、どうにもなりゃしない、とも、思った。 .
/334ページ

最初のコメントを投稿しよう!