転生

4/4
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
壊されては積み,また壊されては積み,もう数えることなど不可能なほど,私は石を積み続けた。 いつしか涙も枯れ,声さえも失ってしまった。 立ち上がることすら出来ない私は,ただひたすらに石を積んだ。 「もういいよ」 頭の上で声がした。 そこには光が見えた。 光は私を照らしていた。 私はそんなことなど気にもしないで石を積んでいった。 機会のように動く手には,もう感覚など残っていない。 「ずいぶん頑張りましたね。すいませんでした。」 気づけば私の目からは涙があふれていた。 涙など,とうの昔に枯れたというのに。 声も出るようになっていた。 手の痺れや指の傷も消えていた。 私は泣き続けた。 どれだけ泣いたのかはわからないが,ふと気がつくとそこは地上であった。 記憶はなかった。 ただ目の前に,優しい笑みをうかべる父母がいるだけだった。 あぁ,私は生まれ変わったのか。 私は新たな赤子として,生きていくことを許されたのか。 私の目からは涙があふれた。 そして私は元気に泣いた。 今日も誰かが石を積む。 たった1人で石を積む。 完
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!