ダンボール王子?

2/8
456人が本棚に入れています
本棚に追加
/194ページ
「あっ…爽やか…フレッシュ…ナイスガイ…男前…イケメン…?古い単語?」久しぶりに男性の仕草にドキッとした。 「初対面が、こんなんで…すみません。今日から隣りの席になります。松田健太です。先輩、よろしくお願いします。」 深々と頭を下げる彼に好印象を受けた。 「先輩だなんて…。山崎君子です。この学校は4年目になります。よろしくお願いします。」 「野球部だったんで…つい先輩って…。よろしくお願いしますね。山崎先生!」 「はい!」 私も笑顔で返した。 ダンボールの山…城??「ダンボール王子!!」   「決定!!」 勝手に松田先生にアダナを付けた…学校では言いません…言ったらマズイよね…エヘッ。
/194ページ

最初のコメントを投稿しよう!